森の掟

J-POPやメタルやフェスや音楽番組なんかの批評(という名の無益な墓掘り行為)

シティポップの最終防衛ラインが突破されるとき

お茶の間レベルにまで浸透したシティポップ再評価ブーム。どこまでがシティポップかというラインは、ビジネス上の狙いもあり拡大していく一方なんだけど、ここを超えたら危ないぞという最終防衛ラインを設定してみました。TUBEやC-C-Bや、あのグループまでが…

『知られざるヴィジュアル系バンドの世界』を読んで思い出した、「ヴィジュアル系」という言葉がまだなかった頃の話

『知られざるヴィジュアル系バンドの世界』という本を読んで、「ヴィジュアル系」という言葉がまだなかった90年代にバンドを始めた高校生だったあの頃のことを思い出した。1998年のメガネ革命前夜、ヴィジュアル系的なものは普通にメインストリームでした。

仁義なき『鎌倉殿の13人』

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がめちゃくちゃおもしろい。 『仁義なき戦い』などの実録ヤクザ映画との共通点を探りつつ、「力」をめぐる物語として理解していこうという試み。

ヘヴィメタル=モンゴル発祥説

今年のフジロックでもっとも知的に刺激されたのが、モンゴルのバンド、THE HU(ザ・フー)。 度々ヘヴィメタルを話題にしてきた当ブログとしては、ここには触れざるを得ないかと思っています。 最終的にヘヴィメタル=モンゴル発祥説にたどり着きました。

概念としてのクラブ/民藝J-POPとしての「糸」〜『オトネタ大賞・2022上半期』をふりかえって

先日マキタスポーツさん、ラッパーのカンノアキオくん、そしてわたくしハシノの3人で2022年上半期のJ-POPシーンを語りました。この配信の中で話題になった、「概念としてのクラブ」「糸のカバーが多すぎる件」についてさらに掘り下げてみました。

ギターという楽器が特権性を失っていく過程から考える「ギターソロ論争」

ニューヨーク・タイムズの記事をきっかけに「ギターソロ論争」が盛り上がってますが、肝心なギターという楽器の特権性について掘り下げた議論があまりなかったので、そっちメインで書きました。

「関ジャム 完全燃SHOW 若手アーティストが選ぶ最強平成ソング BEST30」から漏れてしまった「平成み」をリアルタイム世代が分析する

2022年5月6日の『関ジャム 完全燃SHOW』ゴールデン2時間SPにおいて、「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ最強平成ソング BEST30」が発表された。ずっとJ-POPを観察してきたリアルタイム世代としては、このランキングは非常に興味深い。誰もが気になるあ…

「大人」の対義語が「子供」じゃなくなったのはJ-POPのせいです

「自分は大人だと思う」と答えた日本人は27%しかおらず他国と比べて圧倒的に低い割合だったらしい。日本語における「大人」の用法にはネガティブなニュアンスが強いからだと思うんだけど、それはおもにJ-POPのせいだと思う。

美学校「歌謡曲〜J-POPの歴史から学ぶ音楽入門・実作編」2021年度をふりかえって

美学校の「歌謡曲〜J-POPの歴史から学ぶ音楽入門・実作編」は2022年5月度も開講しますので、内容が気になる方むけに、2021年の講義を詳しくふりかえってみました!

『ゴーストバスターズ アフターライフ』映画評と2015年リブート版の供養(ネタバレあり)

『ゴーストバスターズ アフターライフ』は、あらゆる面で過去作とは対照的でありつつ、往年のファンにも納得の仕上がり。その理由を「ニューヨーク性」をキーに読み解きつつ、2015年のリブート版が5年早かった理由についても語ります。

バンドはけん玉だ

バンドは「この世の中でもっともコスパの悪いエンタメ」になってしまっているけれど、このまま滅びてしまうのか、それとも復権するのか?その手がかりを、三山ひろしのけん玉から探ります。

「くそくらえ節」から「うっせえわ」に至る反抗のJ-POP史(1968-2021)

「うっせえわ」が新鮮だった理由/バビロンシステムへの反抗/J-POPは反抗したか/学校への反抗

世襲議員が多いのは仕方がない(ホモサピエンスの脳が宇多田ヒカルを処理するとき)

何かと問題視される世襲議員。なのに減らない理由について考えてみた。ひとつは日本社会の安定性が原因。もうひとつは、人類の脳の構造が原因だと思う。戦中生まれの父が宇多田ヒカルを認知した方法から考えてみました。

AIが普及しても作曲家と棋士は生き残れるか

作曲AIが話題になっている。 AIに楽曲を生成させることができ、できた曲は著作権フリーで自由に使えるというもの。 AIにはギャラも払う必要なく何百曲でも作ってくれるし変なプライドもないからやり直しもさせ放題なので、人間の作曲家はもう不要になってし…

髭男も猿岩石も、みんな後ろめたさを歌ってきた

髭男、猿岩石、Ado、SEKAI NO OWARI、MOROHAが歌ってきた「後ろめたさ」の系譜について。

実は今年もフジロックに行ってきた

実は今年のフジロックに行っていました。 最終日8月22日の1日券をずっと前に買っていたんだけど、当日の朝まで行くかどうか決めかねていて、発券もしていなかったほど。 で、いろいろ考えた末に行くことにした。 2020年は開催されず、2021年も入場者数を半数…

ハードオフでウサギ狩り、または退屈しのぎに親になること〜『暇と退屈の倫理学』より

人間はなぜ退屈するのか。なぜ退屈に耐えられないのか。なぜ初物を見たら寿命が75日のびるのか。

すべてのJ-POPはリズム歌謡である

すべてのJ-POPはパクリである。ということはすべてのJ-POPはリズム歌謡なのです。

音の不良性感度〜LL教室「J-POPの構造」浜崎あゆみ論サブテキスト

90年代からゼロ年代にかけて、不良性感度が高い音が変遷しており、浜崎あゆみはその変化にうまく乗ってきたという話

J-POPが新聞を殺した

この20年で新聞の発行部数は3分の2になった。いろんな要因があるなかで、主犯格はJ-POPだと思う。J-POPが発するメッセージの問題についてちゃんと考えてみたい。

「関ジャム」の『J-POP20年史 2000~2020プロが選んだ最強の名曲ベスト30』で10年代が手薄だった理由

2021年3月3日にテレビ朝日で「関ジャム 完全燃SHOW」のゴールデン特番として、『J-POP20年史 2000~2020プロが選んだ最強の名曲ベスト30』が放送された。 ここでいう「プロ」とは、いしわたり淳治やいきものがかり水野良樹、ヒャダイン、もふくちゃんといっ…

『人志とたけし: 芸能にとって「笑い」とはなにか』杉田俊介

最近の松ちゃんはなんであんな感じなのか?っていうのは自分もずっとモヤモヤしていたので、『人志とたけし』の松本人志論にはすごく刺激をうけた。 その上で、若干感じ方が違うなと思ったところがあったので、せっかくの機会なので自分なりに松本人志につい…

うちの子には「育ちがいい」子供になってほしい

ずっと謎だった「育ちがいい」っていう言葉の意味が、「文化資本」という社会学の概念によってちょっとわかったかもしれない。 子を持つ親のひとりとして、じゃあどんな文化資本を子供に渡すことができるのか、ついでにそこまで考えてみた。

ビートルズの新譜が一気に6枚リリースされた件について

今年リリースされたビートルズの新しいアルバム、みなさんはもうチェックしただろうか。 まあほとんどの人がチェックしてないと思う。 そんなものリリースされてたっけ?という反応でしょう。 しかし、間違いなくリリースされています。しかも一気に6枚も。

数えてみたら筒美京平は8人いた【プレイリストあり】

筒美京平は一人しかいないと松本隆は言ったけど、一流の職業作曲家8人分の才能が、筒美京平という一個人の中に詰まっていたと思う。

中小企業が多すぎると思ってる人に知ってほしい50年前のヒットチャート

菅総理は中小企業の統合・再編を促進すると表明したらしい。 儲かってなかったり将来性がなかったりする中小企業は潰してもいいのか。考えてみました。

シティポップと百姓

かつて「百姓」という言葉が攻撃力の高い侮辱ワードだった時代があった。 なぜ「百姓」に攻撃力があったのか、なぜその攻撃力が失われたのか、シティポップやJ-POPの移ろいとともに考えてみた。

異世界ファンタジーとしての円高ラテン歌謡【プレイリストあり】

海水浴場も花火大会も海外旅行もない2020年の夏。 夏を満喫しようにもいろいろ禁じられている中で、そのくせ気温ばかりがうなぎのぼりしやがって、40度が突飛な比喩じゃなく現実のデータになっている8月。 それでもつい習慣的に夏向きのプレイリストなんてつ…

かえせ!ブーガルーを

Black Lives Matter運動に便乗して暴れているといわれてる極右グループが、なぜ「ブーガルー」という、黒人やラテン系のカルチャーに由来する言葉を使うのか。腹が立ったので調べてみました。

音楽好きの親にオススメしたい、曲がいいキッズむけ映画×6

一日中ずっと家にいる昨今の子供たち、音楽好きの親としては、どうせなら音楽がいい映画なんかを観といてもらいたい。流れる曲が親も好きな曲だとありがたい。そこで今日はうちの親子ともにハマった、音楽がいいキッズむけ映画をご紹介します。